使い方

各エフェクトの使い方

【AviUtl】砕け散る (アニメーション効果エフェクトの使い方)

AviUtlの「アニメーション効果」エフェクトの「砕け散る」では、オブジェクトの映像を粉々に砕け散らせる事が出来ます。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】球体(カメラ制御) (アニメーション効果エフェクトの使い方)

AviUtlの「アニメーション効果」エフェクトの「球体(カメラ制御)」では、2Dの平面的なオブジェクトの映像を3Dの球体にする事が出来ます。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】立方体(カメラ制御) (アニメーション効果エフェクトの使い方)

AviUtlの「アニメーション効果」エフェクトの「立方体(カメラ制御)」では、2Dの平面的なオブジェクトを上下、左右、前後の6面に並べて、3Dの立方体を作る事が出来ます。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】座標の回転(個別オブジェクト) (アニメーション効果エフェクトの使い方)

AviUtlの「アニメーション効果」エフェクトの「座標の回転(個別オブジェクト)」では、「中心X」・「中心Y」で設定した位置を中心として、オブジェクトの映像を公転させる事が出来ます。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】反復移動 (アニメーション効果エフェクトの使い方)

AviUtlの「アニメーション効果」エフェクトの「反復移動」では、オブジェクトの映像を反復移動させる事が出来ます。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】何処からともなく登場 (アニメーション効果エフェクトの使い方)

AviUtlの「アニメーション効果」エフェクトの「何処からともなく登場」では、オブジェクトの映像を幾つかの位置へランダムに瞬間移動させながら、何処からともなく登場させる事が出来ます。また、「時間」項目の値をマイナスに設定すると、ランダムに瞬間移動しながら退場するようになります。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】起き上がって登場 (アニメーション効果エフェクトの使い方)

AviUtlの「アニメーション効果」エフェクトの「起き上がって登場」では、オブジェクトの映像が起き上がるように登場させる事が出来ます。また、「時間」項目の値をマイナスに設定すると、倒れて退場させられるようなります。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】広がって登場 (アニメーション効果エフェクトの使い方)

AviUtlの「アニメーション効果」エフェクトの「広がって登場」では、オブジェクトの映像を、縦細の状態、または横細の状態から、元の縦横比の状態へ広がって戻るように登場させる事が出来ます。また、「時間」項目の値をマイナスに設定すると退場させる事も出来ます。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】弾んで登場 (アニメーション効果エフェクトの使い方)

AviUtlの「アニメーション効果」エフェクトの「弾んで登場」では、オブジェクトの映像を、画面外から弾ませて登場させる事が出来ます。また、「時間」項目の値をマイナスに設定すると、画面外へ弾んで退場させる事も出来ます。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】ランダム感覚で落ちながら登場 (アニメーション効果エフェクトの使い方)

AviUtlの「アニメーション効果」エフェクトの「ランダム間隔で落ちながら登場」は、テキストオブジェクトで「文字毎に個別オブジェクト」にチェックを入れると効果があるエフェクトで、各文字がランダムな間隔で落ちてくるように登場させる事が出来ます。