How to Use

光に関すエフェクト(発光・閃光など)

【AviUtl】シャドー/影 (エフェクトの使い方)

AviUtlの「シャドー」エフェクトでは、オブジェクトに影を付ける事が出来ます。「パターン画像ファイル」という項目で画像を指定すれば、影の形に画像をクリッピングする事も出来ます。
光に関すエフェクト(発光・閃光など)

【AviUtl】ライト (エフェクトの使い方)

AviUtlの「ライト」エフェクトでは、照明で被写体に光を当てた時のように、オブジェクトを光らせる事が出来ます。
光に関すエフェクト(発光・閃光など)

【AviUtl】グロー (エフェクトの使い方)

AviUtlの「グロー」エフェクトは、オブジェクトの映像を光らさせるためのエフェクトで、「光らせ方のパターン」を選択したりする事も出来ます。
光に関すエフェクト(発光・閃光など)

【AviUtl】拡散光 (エフェクトの使い方)

AviUtlの「拡散光」エフェクトでは、拡散した光をオブジェクトに付け足す事が出来ます。使い方も簡単なので、拡散光の範囲や濃さを調節するだけのエフェクトとなっています。
光に関すエフェクト(発光・閃光など)

【AviUtl】閃光 (エフェクトの使い方)

AviUtlの「閃光」エフェクトでは、オブジェクトから閃光が放たれている映像にすることが出来ます。「後方に合成」に設定して、閃光の映像が奥側に表示されるようにすると、観音様に後光が指しているような映像になります。
光に関すエフェクト(発光・閃光など)

【AviUtl】発光 (エフェクトの使い方)

AviUtlの「発光」エフェクトでは、オブジェクトの映像を発光させる事が出来ます。「発光」エフェクトは、初期状態だと、白色に近い色だけ発光するようになっているので、発光エフェクトの効果が感じられない場合には、「しきい値」の値を小さくしてみましょう。
色に関するエフェクト(色調補正・色ずれ など)

【AviUtl】特定色域変換 (エフェクトの使い方)

AviUtlの「特定色域変換」エフェクトでは、オブジェクトの映像の特定の色を、指定した色へと変換する事が出来ます。
色に関するエフェクト(色調補正・色ずれ など)

【AviUtl】単色化 (エフェクトの使い方)

AviUtlの「単色化」エフェクトでは、オブジェクトの色を、指定した色に変化させる事が出来ます。「輝度を保持する」のチェックを外すと、シルエットのように指定した色だけの状態に変化させられます。
色に関するエフェクト(色調補正・色ずれ など)

【AviUtl】色ずれ (エフェクトの使い方)

AviUtlの「色ずれ」エフェクトでは、オブジェクトの映像の色を「光の三原色」(赤・緑・青)に分離する事が出来ます。パソコンやスマホのディスプレイ画面に映し出す画像や映像の色は、光の三原色である「RGB」(Red・Green・Blue)の色を混ぜ合わせる事で作られています。
色に関するエフェクト(色調補正・色ずれ など)

【AviUtl】拡張色設定 (エフェクトの使い方)

AviUtlの拡張色設定エフェクトでは、色を変更する事が出来る「図形・テキスト・音声波形表示・パーティクル出力」といったオブジェクトの色を、「RGB」、または「HSV」で細かく設定する事が出来ます。