無料ソフト

AviUtlの使い方

拡張編集Plugin の 設定 【AviUtl】

【AviUtl】が使いやすくなる ”拡張編集Pluginの設定” について解説しています。具体的には、拡張編集画面の目盛りの表示を時間単位に切り替える設定や、隣接する2つのオブジェクトの長さを別々の調節する設定、シークバーの位置でオブジェクトが分割されるようにする設定などについて解説しています。
無料の音声編集ソフトAudacity(オーダシティ)の使い方

Audacity (オーダシティ) の 使い方 – ノイズの低減 (ホワイトノイズの除去)

「Audacity」(オーダシティ) には、音声データに含まれているホワイトノイズなどのノイズを除去出来る「ノイズの低減」という機能があります。「ノイズの低減」の機能を使ってホワイトノイズを除去するには、まず、音声データに含まれている” ホワイトノイズの音だけの範囲 ”を選択状態にします。
無料の音声編集ソフトAudacity(オーダシティ)の使い方

Audacity (オーダシティ) の 使い方 – 録音方法

Audacity には、「録音位置を固定して、タイムライン画面を自動で左へスクロールさせる機能」や、「シークバーがある位置の5秒前から再生されて、シークバーがある位置に来たら自動的に録音が開始される機能」など、録音時に利用すると便利な録音機能があります。
無料の音声編集ソフトAudacity(オーダシティ)の使い方

Audacity (オーダシティ) の 使い方 – 録音設定

Audacity で録音を行うには、まず、デバイスツールバーで録音設定を行います。デバイスツールバーでは、使用するオーディオドライバー、入力元となるオーディオデバイス、録音チャンネル(モノラル・ステレオ)、再生オーディオデバイスの設定が出来ます。
無料の音声編集ソフトAudacity(オーダシティ)の使い方

Audacity (オーダシティ) の 使い方 – ノーマライズ (音量の正規化)

「Audacity」(オーダシティ) には、オーディオデータの ノーマライズ (音量の正規化) を行う機能があります。「正規化」とは、”一定のルールに基づいてデータなどを調整する”、という意味です。「ノーマライズ」(音量の正規化) とは、選択範囲のオーディオデータの音量を読み取って分析を行い、その中の最大音量を基準として、選択範囲にあるオーディオデータ全体の音量を増減させて調整する処理の事です。
無料の音声編集ソフトAudacity(オーダシティ)の使い方

Audacity (オーダシティ) の 使い方 – ピッチの変更 (音の高さの変更)

無料の音声編集ソフト「Audacity」(オーダシティ) では、オーディオデータの速度を変えずに、ピッチ (音の高さ) を変化させる事が出来ます。ピッチ (音の高さ) を変えるには、まず、ピッチを変えたい箇所の範囲選択を行い、Audacity画面上部の「エフェクト」をクリックして、その中の「ピッチの変更」をクリックします。
無料の音声編集ソフトAudacity(オーダシティ)の使い方

Audacity (オーダシティ) の 使い方 – 速度の変更

Audacity (オーダシティ) では、 オーディオデータの速度の変化に合わせて、音の高さ(ピッチ)も変化させる事が出来ます。音声データの速度変化に合わせてピッチを変更するには、まず、速度を変えたい範囲を範囲選択してたら、画面上部の「エフェクト」をクリックして、その中の「速度の変更」をクリックします。
無料の音声編集ソフトAudacity(オーダシティ)の使い方

Audacity (オーダシティ) の 使い方 – テンポの変更 (BPMの変更)

「Auudacity」(オーダシティ) では、オーディオデータの音の高さ(ピッチ)を変化させずに、 テンポ (BPM) を変更する事が出来ます。テンポを変更するには、まず、テンポを変えたい範囲を範囲選択します。そして、「エフェクト」の「テンポの変更」をクリックします。「テンポの変更」画面には「変更率」・「1分間辺りの拍数(BPM)」・「長さ(秒)」という3パターンで、変更するテンポの設定が出来ます。
無料の音声編集ソフトAudacity(オーダシティ)の使い方

Audacity (オーダシティ) の 使い方 – トラックの分割と結合

Audacity (オーダシティ) に読み込んだステレオ音源の左右のオーディオデータは、別々のモノラルトラックに分割する事が出来ます。また、2つのモノラル音源のトラックを、1つのステレオトラックとして結合する事も出来ます。
無料の音声編集ソフトAudacity(オーダシティ)の使い方

Audacity (オーダシティ) の 使い方 – 結合/フェードイン/フェードアウト/クロスフェード

無料の音声編集ソフト Audacity (オーダシティ) で波形を結合したり、フェードイン・フェードアウト・クロスフェードする方法について画像と動画で解説しています( ^ ^ ) 別々の波形を1つの波形にまとめる時は、トリミングした波形を、結合したい波形上にシークバーを移動させてペーストします。