Chapter 6 (無料の動画編集・映像作成ソフト AviUtl のDL・インストール・設定・使い方)

各エフェクトの使い方

【AviUtl】極座標変換 (エフェクトの使い方)

AviUtlの「極座標変換」エフェクトでは、オブジェクトの形状を円形、または、渦巻き状に変化させる事が出来ます。「渦巻」項目を「直線移動」で変化させると、渦を巻いていく映像を作る事が出来ます。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】ディスプレイメントマップ (エフェクトの使い方)

【AviUtl】ディスプレイメントマップ (各エフェクトの使い方-形状変化に関するエフェクト) についての解説ページです。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】ミラー (エフェクトの使い方)

AviUtlの「ミラー」エフェクトは、鏡に映した時のように、オブジェクトの映像と対称な映像を作ることが出来るエフェクトです。「境界境目」の値をマイナスにすると、本体と鏡の映像が重なって消えていくようになります。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】放射ブラー (エフェクトの使い方)

AviUtlの「放射ブラー」エフェクトは、オブジェクトを、放射状に伸びていくブラーに変化させる事が出来るエフェクトです。※ ブラーというのは、”ぼかし” 、や、 ”残像” 、という意味です。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】方向ブラー (エフェクトの使い方)

AviUtlの「方向ブラー」エフェクトは、オブジェクトの映像を、指定した方向へ伸びるブラーに変化させる事が出来るエフェクトです。※ ブラーというのは、”ぼかし” 、や、 ”残像” 、という意味です。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】レンズブラー (エフェクトの使い方)

AviUtlの「レンズブラー」エフェクトは、カメラをレンズ越しに見た時のブラー (ぼかし や 残像 の意味) を、オブジェクトの映像に施す事が出来るエフェクトです。※ より簡単に言うと、カメラのピントがズレた時のボカしみたいな感じです。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】モーションブラー (エフェクトの使い方)

AviUtlの「モーションブラー」エフェクトは、オブジェクトを「直線移動」などで移動させた場合に、オブジェクトの映像を、残像のような映像にする事が出来るエフェクトです。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】ぼかし (エフェクトの使い方)

AviUtlの「ぼかし」エフェクトは、オブジェクトの映像をボカす事が出来るエフェクトです。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】境界ぼかし (エフェクトの使い方)

AviUtlの「境界ぼかし」エフェクトは、オブジェクトの映像の境界だけをボカす事が出来るエフェクトです。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】モザイク (エフェクトの使い方)

AviUtlの「モザイク」エフェクトは、オブジェクトの映像全体にモザイクを施す事が出来るエフェクトです。