使い方

各エフェクトの使い方

【AviUtl】画像ファイル合成 (エフェクトの使い方)

AviUtlの「画像ファイル合成」エフェクトでは、指定した画像ファイルをオブジェクトに合成する事が出来ます。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】動画ファイル合成 (エフェクトの使い方)

AviUtlの「動画ファイル合成」エフェクトでは、指定した動画ファイルの映像データを、オブジェクトの映像に合成する事が出来ます。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】ノイズ (エフェクトの使い方)

AviUtlの「ノイズ」エフェクトでは、オブジェクトの映像にノイズの映像を付ける事が出来ます。ノイズの種類を変更するだけで、昔のテレビであった「砂嵐」の映像を簡単に作る事が出来ます。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】画像ループ (エフェクトの使い方)

AviUtlの「画像ループ」エフェクトでは、オブジェクトの映像を、縦と横に指定した数だけ並べて表示する事が出来ます。また、ループさせた映像を、縦横へ流れるように移動させる事も出来ます。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】振動 (エフェクトの使い方)

AviUtlの「振動」エフェクトでは、オブジェクトの映像を振動させる事が出来ます。「振動」エフェクトは使い方も簡単で、反復の動きをさせる事も出来ます。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】反転 (エフェクトの使い方)

AviUtlの「基本効果」の「反転」エフェクトでは、上下左右や、輝度、色相、透明度を反転させる事が出来ます。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】ローテーション (エフェクトの使い方)

AviUtlの「基本効果」の「ローテーション」エフェクトは、オブジェクトの角度を「90度」単位で変更する事が出来るエフェクトです。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】リサイズ (エフェクトの使い方)

AviUtlの「基本効果」の「リサイズ」エフェクトでは、オブジェクトの映像を拡大縮小する事が出来ます。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】領域拡張 (エフェクトの使い方)

AviUtlの「基本効果」の「領域拡張」エフェクトは、オブジェクトの映像の範囲を上下左右に広げる事が出来ます。波紋エフェクトなどを使う際には、「領域拡張」エフェクトで上下左右の範囲を広げるようにしましょう。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】基本効果~座標・拡大率・透明度・回転~ (エフェクトの使い方)

AviUtlの「基本効果」エフェクトでは、「設定ダイアログ画面」の基本項目である「座標」(X、Y、Z)・「拡大率」・「透明度」・「回転」などを追加出来ます。画像の縦横比を調節したい場合には、「基本効果」の「拡大率」を追加しましょう。