初心者

DTM と 動画編集 の オンライン講座 の 内容 と ご購入

無料のソフト(フリーソフト)だけを使って楽曲制作(DTM)と映像制作(動画編集)を学習する初心者のためのオンラインスクール [ How to Use ] と言います。こちらのページでは、有料学習コースの カリキュラム(学習行程) と 料金の確認、有料学習コース(オンラインスクール) の購入が出来ます。
UTAUの使い方

【UTAU】prefix.mapについて

【UTAU】prefix.mapについての解説ページです。
AviUtlの使い方

【 AviUtl の 使い方 】 グループ化

AviUtlでは、複数のオブジェクトを「グループ化」する事で、グループ化した複数のオブジェクトをドラッグしてタイムライン上を移動させたり、複数のオブジェクトの長さを一括で伸縮させたりする事が出来ます。
カスタムオブジェクトの使い方(AviUtl)

【 AviUtl の 使い方 】 水面 (カスタムオブジェクト)

AviUtlのカスタムオブジェクトで「水面」を選択すると、水が流れていく映像が簡単に作れます。水面の映像は、元々、Y軸の「810」の位置に敷かれている状態になっています。水面の波紋の速度や、波の大きさなどを設定すると、砂浜のような水面の波の状態にする事も出来ます。
カスタムオブジェクトの使い方(AviUtl)

【 AviUtl の 使い方 】 フレア (カスタムオブジェクト)

AviUtlのカスタムオブジェクトで「フレア」を選択すると、超新星爆発的なフレアの映像が作れます。フレアの映像は、光芒の光のスジが自動で動くようになっていますが、「光芒変化速度」を「0」に設定すれば、光芒の光のスジが停止した状態になります。
カスタムオブジェクトの使い方(AviUtl)

【 AviUtl の 使い方 】 周辺ボケ光量 (カスタムオブジェクト)

AviUtlのカスタムオブジェクトで「周辺ボケ光量」を選択すると、特定範囲以外の箇所をボヤかした映像が作れます。周辺ボケ光量の「ボケ」では、色ずれの度合いが調節できますが、「色ずれ」という項目にチェックを入れていないと効果が無いので、「色ずれ」にチェックを入れましょう。
カスタムオブジェクトの使い方(AviUtl)

【 AviUtl の 使い方 】 扇型 (カスタムオブジェクト)

AviUtlのカスタムオブジェクトで「扇型」を選択すると、扇型の図形の映像が作れます。扇形の図形では、「回転」が無効になるので、扇型を回転させたい場合には、「基本効果」の「回転」エフェクトを追加しましょう。
カスタムオブジェクトの使い方(AviUtl)

【 AviUtl の 使い方 】 ライン(移動軌跡) (カスタムオブジェクト)

AviUtlでは、移動線上を辿って線が引かれていく映像が簡単に作れます。カスタムオブジェクトで「ライン(移動軌跡)」を選択した後、「X」「Y」を「直線移動」に設定して、「X」「Y」の値を変化させれば、移動線上を辿って線が引かれる映像になります。また、曲線状に線を引く事も出来ますし、ドット状の線にする事も出来ます。
カスタムオブジェクトの使い方(AviUtl)

【 AviUtl の 使い方 】 ランダム小物配置(カメラ制御) (カスタムオブジェクト)

AviUtlでは、球体や図形、立方体が3D空間にランダムに配置される映像が簡単に作れます。ランダム配置される物体は、「形状」という項目で設定出来ます。カメラ制御で視点を変更すると、3Dの映像として物体の映像が変化します。
カスタムオブジェクトの使い方(AviUtl)

【 AviUtl の 使い方 】 雨 (カスタムオブジェクト)

AviUtlでは、雨が降る映像が簡単に作れます。カスタムオブジェクトのプルダウンで「雨」を選択すると、雨が降ってくる映像になります。また、速度の値をマイナスに設定すれば、雨が浮上していく映像になります。雨の映像は、平面的な映像となっているので、カメラ制御オブジェクトを使ったり、拡張描画に切り替えて編集する場合には注意しましょう。
タイトルとURLをコピーしました