初心者

MikuMikuDanceの使用方法

【MMDの使い方】「タイムライン」のフレームレートについて

「タイムライン」の「フレームレート」(fps)は「30fps」、つまり、”30フレームで1秒間”となっています。MMDで作成した3D映像を動画ファイルとして出力する際には、フレームレートを自由に設定出来ますが、タイムラインのフレームレートは変更する事は出来ません。
MikuMikuDanceの使用方法

【MMDの使い方】「タイムライン」の「シークバー」移動方法

MMDのフレーム操作パネルのシークバーを移動する方法には、フレーム数の箇所をクリックする以外にも、キーボードの「←」・「→」キーを押す方法や、フレーム操作パネル上部のボタン、フレーム位置入力欄に数値を入力する方法などがあります。
MikuMikuDanceの使用方法

【MMDの使い方】ボーンを180度以上回転させるモーションを付ける時に、ボーンを「キー」登録する際の注意点

ボーンを回転させる際には、” 特定の角度になると「+」から「-」、「-」から「+」に切り替わる ”、という事と、” 前後の「キー」におけるボーンの角度は、「+」と「-」に関係なく、前の「キー」の角度からより近い値の角度へ回転するように補われる”、という事に注意する必要があります。
MikuMikuDanceの使用方法

【MMDの使い方】モデルにモーションを付ける時に、ボーンのキー登録を行う際の注意

モデルにモーションを付ける際には、”キーとキーのフレーム間におけるボーンの位置や角度の状態が自動的に補間される”という事を考慮して、前のキーの状態を維持するボーンでは、前のキーにおけるボーンの状態を、動き始めのフレーム位置にキー登録しておくようにしましょう。
MikuMikuDanceの使用方法

【MMDの使い方】カメラの調節状態を「フレーム操作パネル」に「キー」として登録する方法

カメラの調節状態を「フレーム操作パネル」に「キー」として登録するには、「カメラ・照明・アクセサリ」を調節対象に選択して、キー登録を行いたいフレームにシークバーを移動させた後、カメラの調節を行い、「カメラ操作パネル」の「登録」ボタンをクリックします。
MikuMikuDanceの使用方法

【MMDの使い方】アクセサリの調節状態を「フレーム操作パネル」に「キー」として登録する方法

アクセサリの調節状態を「フレーム操作パネル」に「キー」として登録するには、「カメラ・照明・アクセサリ」を調節対象に選択して、キー登録を行いたいフレームにシークバーを移動させた後、アクセサリの調節を行い、「アクセサリ操作パネル」の「登録」ボタンをクリックします。
MikuMikuDanceの使用方法

【MMDの使い方】ボーンの調節状態を「フレーム操作パネル」に「キー」として登録する方法

ボーンの調節を行ってキー登録する際には、まず、「フレーム操作パネル」の「タイムライン」で、登録したいフレームに「シークバー」を移動させた後、登録したい「ボーン」を選択して調節を行い、「ボーン操作」パネルの「登録」ボタンをクリックします。
MikuMikuDanceの使用方法

【MMDの使い方】カメラの調節 ~ localモード と globalモード / 角度・位置・距離の座標入力 ~

「カメラ・照明・アクセサリ」を調節対象にしている場合、「X、Y、Z」アイコンをドラッグする事でも、カメラの回転移動と、カメラの水平移動が行えます。また、下段の「X、Y、Z」アイコンによるカメラの「水平移動」では、「local」モード と「global」モードに違いがあります。
MikuMikuDanceの使用方法

【MMDの使い方】アクセサリ の 位置と角度 の 調節

MMDに読み込んだ「アクセサリ」は、「アクセサリ操作パネル」の「X、Y、Z」で位置の移動、「Rx、Ry、Rz」で角度の回転を行う事が出来ます。また、アクセサリモードに切り替えれば、アクセサリを「XYZアイコン」で移動させたり回転させたりする事も出来ます。
MikuMikuDanceの使用方法

【MMDの使い方】アクセサリ の 読み込み と 削除

MMDにアクセサリを読み込むには、「カメラ・照明・アクセサリ」を選択しする事で表示される「アクセサリ操作」パネルの「読込」ボタンをクリックして、アクセサリのファイル(.x)をダブルクリックします。読み込んだアクセサリを削除したい場合には、「アクセサリ操作」パネルの「削除」ボタンをクリックします。