各エフェクトの使い方

各エフェクトの使い方

【AviUtl】ルミナンスキー (エフェクトの使い方)

AviUtlの「ルミナンスキー」エフェクトは、設定した「輝度」を基準として、オブジェクトの映像で透過(透明化)させたい色の輝度に合わせて透過処理を行う事が出来るエフェクトです。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】凸エッジ (エフェクトの使い方)

AviUtlの「凸エッジ」エフェクトでは、オブジェクトの映像の輪郭に影を付ける事によって、立体的な見た目にする事が出来ます。「凸エッジ」エフェクトを使えば、立体的に浮き出たテキスト(文字)の映像が作れます。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】エッジ抽出 (エフェクトの使い方)

AviUtlの「エッジ抽出」エフェクトでは、オブジェクトの映像の輪郭線を抽出する事が出来ます。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】シャープ (エフェクトの使い方)

AviUtlの「シャープ」エフェクトでは、映像の色合いを鮮明にする事が出来ます。シャープエフェクトを使えば、画質の低いボヤけた画像や動画の映像を鮮明な色合いにする事で、画質が低い事を誤魔化すことが出来ます。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】フェード/フェードイン/フェードアウト (エフェクトの使い方)

AviUtlの「フェード」エフェクトでは、オブジェクトの映像をフェードイン(徐々に表示)させたり、フェードアウト(徐々に非表示)させたりする事が出来ます。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】ワイプ (エフェクトの使い方)

AviUtlの「ワイプ」エフェクトでは、設定したワイプの種類で、オブジェクトを登場させたり、退場させたりする事が出来ます。「ワイプ」エフェクトの左下のプルダウンでワイプの種類を変更する事が出来ます。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】基本効果~座標・拡大率・透明度・回転~ (エフェクトの使い方)

AviUtlの「基本効果」エフェクトでは、「設定ダイアログ画面」の基本項目である「座標」(X、Y、Z)・「拡大率」・「透明度」・「回転」などを追加出来ます。画像の縦横比を調節したい場合には、「基本効果」の「拡大率」を追加しましょう。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】領域拡張 (エフェクトの使い方)

AviUtlの「基本効果」の「領域拡張」エフェクトは、オブジェクトの映像の範囲を上下左右に広げる事が出来ます。波紋エフェクトなどを使う際には、「領域拡張」エフェクトで上下左右の範囲を広げるようにしましょう。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】リサイズ (エフェクトの使い方)

AviUtlの「基本効果」の「リサイズ」エフェクトでは、オブジェクトの映像を拡大縮小する事が出来ます。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】ローテーション (エフェクトの使い方)

AviUtlの「基本効果」の「ローテーション」エフェクトは、オブジェクトの角度を「90度」単位で変更する事が出来るエフェクトです。