各エフェクトの使い方

各エフェクトの使い方

【AviUtl】反転 (エフェクトの使い方)

AviUtlの「基本効果」の「反転」エフェクトでは、上下左右や、輝度、色相、透明度を反転させる事が出来ます。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】振動 (エフェクトの使い方)

AviUtlの「振動」エフェクトでは、オブジェクトの映像を振動させる事が出来ます。「振動」エフェクトは使い方も簡単で、反復の動きをさせる事も出来ます。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】画像ループ (エフェクトの使い方)

AviUtlの「画像ループ」エフェクトでは、オブジェクトの映像を、縦と横に指定した数だけ並べて表示する事が出来ます。また、ループさせた映像を、縦横へ流れるように移動させる事も出来ます。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】ノイズ (エフェクトの使い方)

AviUtlの「ノイズ」エフェクトでは、オブジェクトの映像にノイズの映像を付ける事が出来ます。ノイズの種類を変更するだけで、昔のテレビであった「砂嵐」の映像を簡単に作る事が出来ます。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】動画ファイル合成 (エフェクトの使い方)

AviUtlの「動画ファイル合成」エフェクトでは、指定した動画ファイルの映像データを、オブジェクトの映像に合成する事が出来ます。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】画像ファイル合成 (エフェクトの使い方)

AviUtlの「画像ファイル合成」エフェクトでは、指定した画像ファイルをオブジェクトに合成する事が出来ます。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】カメラ制御オプション (エフェクトの使い方)

AviUtlの「カメラ制御オプション」は、カメラ制御オブジェクトの対象となっているオブジェクトに対して施すと有効なエフェクトで、カメラの位置が変更されても、オブジェクトが常にカメラの方を向くようにしたりする事が出来ます。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】オフスクリーン描画 (エフェクトの使い方)

AviUtlの「オフスクリーン描画」エフェクトは、グループ制御オブジェクトにエフェクトを追加した際、グループ制御の操作対象の各オブジェクトに対して施すエフェクトを、個別ではなく、1枚の画像として施すように出来るエフェクトです。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】オブジェクト分割 (エフェクトの使い方)

AviUtlの「オブジェクト分割」エフェクトでは、オブジェクトの映像を、設定した数に等間隔で分割する事が出来ます。アニメーション効果と合わせた使い方をすると、面白い映像が作れます。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】震える (アニメーション効果エフェクトの使い方)

AviUtlの「アニメーション効果」エフェクトの「震える」では、オブジェクトの映像を震えるように動かす事が出来ます。