フリーソフト

各エフェクトの使い方

【AviUtl】ミラー (エフェクトの使い方)

AviUtlの「ミラー」エフェクトは、鏡に映した時のように、オブジェクトの映像と対称な映像を作ることが出来るエフェクトです。「境界境目」の値をマイナスにすると、本体と鏡の映像が重なって消えていくようになります。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】ディスプレイメントマップ (エフェクトの使い方)

【AviUtl】ディスプレイメントマップ (各エフェクトの使い方-形状変化に関するエフェクト) についての解説ページです。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】極座標変換 (エフェクトの使い方)

AviUtlの「極座標変換」エフェクトでは、オブジェクトの形状を円形、または、渦巻き状に変化させる事が出来ます。「渦巻」項目を「直線移動」で変化させると、渦を巻いていく映像を作る事が出来ます。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】波紋 (エフェクトの使い方)

AviUtlの「波紋」エフェクトは、小石を水面に投げ入れた時に生じる波の波紋のように、オブジェクトの映像を動かすエフェクトです。
各エフェクトの使い方

【AviUtl】ラスター (エフェクトの使い方)

AviUtlの「ラスター」エフェクトでは、オブジェクトの形状を波打っているように縦横に歪ませる事が出来て、再生すると、「周期」という項目で設定した値に合わせて、自動で波打つようにする事が出来ます。
光に関すエフェクト(発光・閃光など)

【AviUtl】シャドー/影 (エフェクトの使い方)

AviUtlの「シャドー」エフェクトでは、オブジェクトに影を付ける事が出来ます。「パターン画像ファイル」という項目で画像を指定すれば、影の形に画像をクリッピングする事も出来ます。
光に関すエフェクト(発光・閃光など)

【AviUtl】ライト (エフェクトの使い方)

AviUtlの「ライト」エフェクトでは、照明で被写体に光を当てた時のように、オブジェクトを光らせる事が出来ます。
光に関すエフェクト(発光・閃光など)

【AviUtl】グロー (エフェクトの使い方)

AviUtlの「グロー」エフェクトは、オブジェクトの映像を光らさせるためのエフェクトで、「光らせ方のパターン」を選択したりする事も出来ます。
光に関すエフェクト(発光・閃光など)

【AviUtl】拡散光 (エフェクトの使い方)

AviUtlの「拡散光」エフェクトでは、拡散した光をオブジェクトに付け足す事が出来ます。使い方も簡単なので、拡散光の範囲や濃さを調節するだけのエフェクトとなっています。
光に関すエフェクト(発光・閃光など)

【AviUtl】閃光 (エフェクトの使い方)

AviUtlの「閃光」エフェクトでは、オブジェクトから閃光が放たれている映像にすることが出来ます。「後方に合成」に設定して、閃光の映像が奥側に表示されるようにすると、観音様に後光が指しているような映像になります。